その他製品

坐骨調整シート「初代楽座衛門」

  • 13,000円(税別)

素材:本体…EVA、カバー…ポリエステル ※カバーは洗濯可能
サイズ:420×420×20mm
付属品:説明書、持ち運び用トートバッグ

骨盤の微妙な傾きに対応し、姿勢をまっすぐ安定化!
多くの治療家の先生方もおすすめしています!

前後左右の高低差を8つのパターンから選ぶことができ、根本的な姿勢改善に役立ちます。
骨盤の斜め方向の傾きや左右への回旋にまで対応し、長時間座っていても楽にまっすぐ安定した姿勢をもたらします。


「日本人は世界で一番座っている時間が長い」

世界の平均座位時間が5時間であるのに対し、日本は7時間と世界最長です。
座位は立位に比べて筋力の負担が大きいため、歪みや痛みを引き起こす原因となります。

腰痛、肩こり、坐骨神経痛、冷え性、むくみ、エコノミークラス症候群、うつ病、情緒不安定など、筋骨格だけでなく呼吸器や循環器の症状、さらには精神面にまで悪影響を及ぼす恐れがあります。


「楽座衛門の効果」

座っている時、太腿やお尻の下に手を敷く仕草を先生は普段から何気なく行っていませんか?
これは身体の傾きを抑えて理想の座位を作るため、無意識のうちに行っている仕草だと言われています。

楽座衛門を使用することによって骨盤が持ち上げられてバランスが整うだけでなく、
無理なく鉛直な姿勢に導くことが可能となります。

・長時間座っても辛くなるどころか逆に健康を促進する
・座っていればいるほど姿勢が改善する

このような恩恵をもたらすと言われている楽座衛門は、理想の座位を作るにあたって非常に役立つ存在なのです!


「楽座衛門の使い方」

基本は座布団と同じで椅子に敷いて利用しますが、楽座衛門は面積の2分の1(4分の1)を高くできる点が一般的な座布団と大きく異なっています。
この機能により骨盤の前後左右(斜め・回旋)の方向に合わせて、身体の傾斜や歪みを調整することができます。
 

例:骨盤の右側が低くなっている人の場合、座布団の向きを変えて右側が高くなるようにセッティングします。